Re:Re:start

どうも、こんにちは。

ひと月ぶりです(笑)

仕事から帰ると、疲れちゃって、なかなかブログまで気が回らなくて(笑)

伊豆の話も途中だわ(笑)

お話の鮮度が落ちまくってますね(笑)

まぁ、気ままにあげていこうと思っております。

 

 

今日は、ただの、自己満足な過去のお話。

 

 

*******************

 

 

大学生のころのワタシは、なんだかずっと怒っていました。

何に対して怒っているのか、自分でもわからない感じでした。

友達と談笑していても、サッカーなんかをして遊んでいるときも、なんだか、ずっと、怒っていました。

顔は笑っていても、心はずっと、怒っていました。

 

好きで続けてきたはずの、音楽。

その音楽で、希望した大学に入れた。

それは、すごく素晴らしいこと!

の、はずなのに。

 

心は磨り減って、いつも疲れていて、しんどかった。

 

当然、大学なのだから、

大学が定めた、または、先生方が定めたカリキュラムがあって、

カリキュラムに沿って、先生方の定めた評価点を目指して勉強する必要がある。

当然のことですね。

ワタシ、根は真面目だから、すごく頑張るんです(笑)

頑張ったんです(笑)

 

でもね、

しんどかった。

心のベクトルは、常にズレていた。

「なんか違うな〜、こっちじゃないな〜」と思いながらも、毎日戦ってた。

 

だけど、ここで引き下がるのは、負けたような気がしてムカつくから(ここで素直に負けておけばよかったのかもw)

必死に食らいついて、勉強して、頑張ってた。

 

それなりに、評価はされました。

でも、今振り返ると、そんなに嬉しくなかったような気がする。

 

「頑張った自分」

「頑張ってる自分」

を認められたのであって、

 

「なんかズレてるなー」

「なんか違うなー」

(こっちが本音)

の自分が、認められた感じは、

当然しない。

 

周りの評価ばっかり、先生の評価ばっかり気にして生きてるから、

そりゃあ、疲れるし、しんどい。

 

 

要は、

全然楽しんでなかった(笑)

全然楽しめなかった(笑)

 

 

そんなことをね、強がって誰にも言わないし、誰にも言えないから、

すっごく寂しかったよね。

 

 

そんな感情のドロドロが、自分を常に怒ってる状態にさせてた。

今考えると、周りの誰が悪いとか、誰のせいとか、全くないの(笑)

全くないのに、いつも怒ってた。

たくさんの人に、ごめんねって言いたい。

(そして、そんなワタシを慕ってくれた人にも、心からありがとうを言いたい)

よくわからん正義感や、「こうあるべき」を、押し付けて、ぶちまけていたなぁ。

今なら言える、なかなかの黒歴史ですね。(笑)

(自分で勝手に思ってるだけかもしれないけどね。)

 

 

大学、大学院と出れたのも、

なんとなく、負けるのが嫌だったんです。

「途中で降りたら負け」って、心のどっかであったし、

とにかく、「自分が頑張った勲章」のようなものが欲しかった。

だから、頑張れた。

卒業してからは、今思うと、抜け殻だったような気がする(笑)

 

 

でもねー、

人生の本番は、卒業してからですよね。当然。

何がしたいのか、全然わからなかったんですよ。

(今もあんまり自覚できてないんですけど)

あんだけ長い間頑張ってきて、あんだけ親に負担かけて、

なのに、自分には、「何もない」。

焦った。

バイトはすれど、全然稼げない。生活苦しい。どうしよう。

とりあえず、お金のセミナーとか、心のセミナーとか、成功者のセミナーとか、行ってみるか、とか。

病んでたなー。

病んでた。

右往左往、五里霧中。

 

 

*****************

 

 

しかしながら、心のセミナーは、ワタシにとって、大きく人生を変えるきっかけをくれた。

今でも、そのセミナーで出会った方々との深い交流が続いてるし、今でも、たくさん支えてもらってる。

たくさんのことを教わった。

今でも、たくさんのことを教えてもらってる。

どんなカタチでも良いから、ずっと繋がっていきたいなーと思える人々との出会いは、いつも素敵で、素晴らしい。

 

そこで学んだのは、人生の基礎って「自己愛」「家族愛」「人間愛」なんだなーってこと。

 

何でもそうなのかもしれませんが、

基礎がしっかりしてないと、立派な家もビルも建たないですよね。

せっかく建てても、台風で倒壊、地震で倒壊、そんな家には、誰も住みたがらない。

仕事も、恋愛も、音楽も、そう。

なにかしら、基礎がしっかりとあるものに、人は惹かれ続けるのだと思います。

 

人生の場合は、

「自分は愛されていいんだ」

「自分は誰か(何か)を愛してもいいんだ」

ということを、ちゃんと「体感・実感すること」が大事なのね。

それは、種を蒔いて、芽を出して、草や枝が生えそろって、ようやく花が咲くように、ゆっくりゆっくり育むもの。

それが、人生の基礎、だとワタシは思ってます。

 

しかし、結局のところ、基礎の置き場は、人それぞれ、十人十色だと思いますね。

正解・不正解もなくて、そこにあるのは、ただの「個性」だと思う。

「個性」を受け入れられると、ちょっとずつ、視野が広がって、人生が楽しくなる。

いいよね、個性。

興味の幅を広げること=ビューティフル・ライフ

(なんちゃって)

 

 

 

 

******************

 

と、いうところで。

最近、ちょっとずつ楽しくなってきた。

毎日が。

 

 

なんだか、Youtubeにこないだ出演したライブの映像をあげたら、

東京のライブハウスから声が掛かって、

「よければ出演しませんか?」と言われたり。

こういうことも、あるんだね〜。

面白いよね。

ちなみに、動画はこちら

youtu.be

 

 

もっと、面白くしたい。

もっと、いろんな人に出会いたい。

もっと、楽しみたい。

そのために、日々勉強。日々研鑽。日々努力。

毎日を、歩いていく。

 

 

**************

 

 

小学校や中学校のとき、

教育実習にくる若い先生とか見て、

「うわ〜、めっちゃ大人!!」とか思ってたのにさ、

自分いま27歳でさ、

全然だよね(笑)

わからんことだらけ(笑)

 

 

一生、こんな感じで、ボンクラなのかもな〜。

なんてことを、誰かの背中を見ながら、思う。

でも、ぶっちゃけ、その背中は、めっちゃめちゃカッコいい、スゴい人。

ワタシも、どっかの誰かは、「すげぇヤツ」と思われてるのかもしれない。

気づかないところで。

そんなことを思いながら、また、日々を生きていくのだ。

おぅふ。

 

 

***************

 

Re:start

前の

準備段階ということで、

 

Re:Re:start

(意味が違うな、うん)

 

自分と同じように、悩める人へ、

繊細な感性をお持ちの方々へ

届くといいな

ワタシの音

 

アイを込めて

 

いつかまた、巡り会えますように

 

 

Ryo Ouchi

 

 

P.S.

つ~きが でったでった

つ~きが でた~

 

あまり上手に撮れなかったけど

夕焼け空のグラデーションが美しい季節です

f:id:kurineko1989:20160611154846j:plain

 

 

 

 

 

soundcloud**https://soundcloud.com/ryou-oouchi

 

twitter**@kurineko1989

 

Youtube**ryo ouchi

 

Blog**http://kurineko1989.hatenablog.com

 

https://www.tumblr.com/blog/kurineko1989