読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発信すること

こんにちは。

 

 

最近、Youtubeで毎日何かしらアップしています。

 

いつも、ピアノで即興するのが好きで、

「そんなら、もうそのまま発信しちゃおうか?」

という、

そんな感じです。

 

 

 

発信すること。

表現すること。

自分にとっての、意味。

 

 

 

ワタクシですね、

こないだ就職したんですよ。

東京の某音楽スタジオの店員として。

だけど、

入社2日目ぐらいに、

はじめてそこの社長と会ったときに、

めっちゃ睨まれたんですよね。

ジローッと上から下まで。

「なんやねん」

って思ったんですけど。

そして、4日目ぐらいに、店長に呼び出されて、

「大変申し訳ないんだけど、見た目の印象が悪い、ということで、クビということになりました。」

はっ!?

という感じですよね。

「努力もするし、まず何をどう直せば良いのか教えてもらえませんか!?」

と、食い下がったんだけど、

それでも、ダメでした。

 

 

せっかく東京でて、4日でクビ・・・。

しかも、理由がしょーもなすぎる・・・。

放心状態でしたね。

労働基準監督署にも、相談したんですけど、

「最初の3ヶ月アルバイトで、その次に契約社員、正社員に順々にステップアップする」

みたいなことを言われてて、

「2週間以内の解雇で、アルバイト」

とのことから、

「労基は何も動けない」

「どうしても納得いかないなら自分で裁判を起こしてくれ」

と言われ、

泣く泣く、諦めました。

時間もお金ももったいないし。

「裁判起こしたら、勝てる」と、親しい方には言ってもらったんですけどね。

そこまでの気持ちには、なれなかったですね。

なんともまぁ、屈辱的な気分でした。

 

 

そして、追い討ちをかけるように、

6年半付き合った彼女とも別れました。

まぁ、予兆はあったんですけどね。

お互いに大好きで、愛し合ってたんだけど、

気持ちよりも、現実に飲み込まれてしまったんでしょうね。

 

 

で。

ぽかーん。

何もなくなった。

 

 

ワタシ、ずっと音楽勉強してきたんですよ。

大学時代は、現代音楽という分野の作曲を学んでいました。

いわゆる、「音大生」でした。

でも、いま考えると、正直、環境が合わなかったんですね。

音楽の世界での上下関係、しきたり、暗黙のルール、風習、見えないヒエラルキー

そういったものが、すごく息苦しくて、耐えきれなかった。

頑張ったんですけどね、自分なりに。

でも、どうしても馴染めなかった。

現代音楽が好き・嫌い以前に、人との関わりで、すごく窮屈で、しんどくなった。

いま、思い返すと、そんなことを感じていました。

それに加えて、「現代音楽の世界で生きていきたい」という意欲も、いま考えると、そんなになかった。

(「現代音楽というジャンル」を自分の中から捨てた訳ではないですけどね。現代音楽でも好きな音楽もいっぱいあるから。)

作曲の世界でも、普通の大学生が、就活して、就職して、っていう見えないレールがあるように、

似たようなものが、あるんですけど、

そのレールに、自分は乗れなかった。

というか、乗りたくなかったんですよね。

そのレールの行く先が、どうしても魅力的なものには、自分には映らなかった。

いろんな人と出会い、いろんな経験を、させて戴きましたけどね。

やればやるほど、見えてくるのは、自分のこういった「本心」でしたね。

 

 

だから、最近ほとんど作曲してませんでした。

っていうか、出来なかったんですけどね。

だって、やりたくなかったんだから。

やった先の世界が、本当に欲しい世界ではなかったから。

 

 

昔、一生懸命築いてきた人間関係が、どんどん希薄になってきて、

「ある」と思ってたものが、「ない」ことにどんどん気づいてきたとき。

 

 

それでも、音楽は大好きで、音楽への思いが捨てきれない。

どうしよう。

周りと同じことをやろうとしても、どうしてもうまくいかない。

 

 

ピアノは毎日練習してる。

即興も好き。

いくらでもアイディアは出てくる。

誰かが言ってたっけ。

ひいきにしている、信頼できるカウンセラーさん。

Youtubeで発信すると良いよ。」

 

 

ああ。

これか。

こんなもんだけど、これしかないもんなぁ。

今の自分には。

 

 

そんな感じで、はじめました。

 

 

たとえ、しょーもなくても、

たとえ、完成度は低くても、

たとえ、ゴミばかりでも、

 

 

毎日続けてたら、

毎日発信し続けてたら、

自分の心に、何かは蓄積されていくだろう。

 

 

何もない、からっぽな自分が、

何がしたいか、

何が出来るか、

いま踏み出せる一歩は何か、

それを、考えて考えて、

出した答えが、これでした。

 

 

イイね!がつかなくても、別にいい。

誰がみていようが、みていまいが、どっちでもいい。

評価されようが、評価されまいが、どっちでもいい。

 

 

自分のために、やる。

自分がやりたいから、やる。

自分がイキイキと生きていたいから、やる。

 

 

それだけのこと、なんです。

 

 

純粋に音楽が好きだった頃の自分。

純粋にピアノが好きだったころの自分。

純粋に作曲が好きだったころの自分。

 

 

そんな自分が、自分の中に還ってきたようで、心地いいです。

 

 

 

・・・・怖いけどね!

発信するって、ものすごく怖いんですけどね!

自分が今まで否定してた、批判してたものが、全部還ってくる感じがするから!!!(笑)

「こんなもんだして、バッシングされたら・・・」

「嫌われるんじゃないか」

「蔑まれるんじゃないか」

とか。

 

 

でも、やる。

そもそも、他人は自分の人生で一生懸命で、自分のことばかり気にしてないですよ!(笑)

 

 

それに、誰のためにやるの??

誰のためって、とことん、自分のためですよ!

 

 

その過程で、

誰かが喜んでくれたら。

誰かが笑ってくれたら。

 

 

「誰かのために音楽をやる」

そんな想いも、立派だとは思います。

(昔は、こういった類いのことをゴチャゴチャ考えてたし、言ってました。今はもう、身も心も丸くなったというか・・・老けたというか・・・)

けどね、

やりたいことって、誰かのためにやるもんじゃないですよ。

まずは、自分が喜ばなきゃ。

自分が楽しまなきゃ。

そうじゃないと、どれだけ質が良くたって、どれだけ評価されたって、続かない。

すぐ、息切れしちゃう。

 

 

やりたいことは、

勝手にやる。

それが一番。

 

 

いちいちやりたいことを、お金や生活と結びつけなくていい。

生きながら、生活しながら、やればいい。

ただ、それだけ。

シンプルなことなんだと思います。

 

 

だいたい、そう簡単に、人って死にやしませんからね(笑)

死のうと思えば、死ねるんでしょうけどね。

生きようと少しでも思うなら、必ず生きられます。

 

 

発信するのは、自分のため。

人のためなんて、ワタシはそんな立派な人間ではありません。

自分のためです。

エゴイストです。

それでいいじゃないですか。

 

 

まずは、自分のために、生きていきましょう。

少しずつ、一歩一歩。

 

 

今日は、そんな、お話でした。

 

 

ではでは。

 

 

Ryo Ouchi

 

 

soundcloud**https://soundcloud.com/ryou-oouchi

twitter**@kurineko1989

Youtube**ryo ouchi

Blog**http://kurineko1989.hatenablog.com

https://www.tumblr.com/blog/kurineko1989